『ARK:SE』GTX1060 6Gでのグラフィック設定最適化 常時60fps以上を維持できる妥協ライン

始めたばかりのARK Survival Evolvedですが、このゲームは非常に高いグラフィック性能を必要とすると有名ですね。

サービス開始当初に購入してGTX760Tiでプレイをしてみたのですが、あまりの重さに30分くらいで断念しました。

最近、GTX1060 6Gを購入したので試しに起動してみると、前よりも最適化されたのもあってかなり快適にプレイできるようになってましたね。

そこで、GTX1060 6Gを使って常時60fps以上を維持できる設定を探してみました。

ARK:SE GTX1060 6Gでの最適化設定

ではまず、Steamに掲載されている推奨スペックを見てみましょう。

公式の動作最低スペック

ぱっと見低いように見えますが、これはあくまで最低画質での動作保証ですね。

このゲームの最低画質は見るも無残です。あまりにひどすぎてプレイする気がおきないレベルです。

その画質ですらメモリ8gbも必要とすると来たもんで、なかなかワイルドですね。

環境

ASUS R.O.G. STRIXシリーズ NVIDIA GeForce GTX1060搭載ビデオカード オーバークロック メモリ6GB STRIX-GTX1060-DC2O6G

設定解説に入る前に私の環境を記載しておきます。

OS : Windows10 64bit
プロセッサー : Intel Core i7 4770
メモリー : 16GB
グラフィック : NVIDIA GTX 1060 6G 

3年ほど前に自作したPCのグラフィックボードをGTX1060 6Gに差し替えただけですね。今のところ不自由なく動いています。

ストレージはゲームのみSSDに入れている状態です。

ARKの設定


*拡大できます

こちらが今設定しているオプションになります。

わりと「最高」「高」を設定していても60fps〜80fpsの間をうろちょろしてくれてますね。昔よりもだいぶゲーム自体が軽くなっているようです。

部分的に設定をあげても60fpsを維持できますが、なるべく余裕をもたせたいので少し控えめ2しています。そこらへんは好みであげてみてください。

スクリーンショット

個人的には妥協できる範囲におさまってくれたと思います。

スクショだけ見ればもっと画質をあげれば綺麗に撮影できますが、やはりプレイしていて60fps以上を維持してくれる方がストレスなく遊べるのでこの設定に落ち着きました。

ゴミ袋
まぁ、妥協は大事だな

つまり

いかがでしたでしょうか。皆様も設定を最適化して、すばらしい遭難ライフをお過ごしください。

ゴミ袋
PS4版も今度発売するから、そっちでやるのも手だな!!

それではまた。

ネトゲ事件一覧

Switch入荷状況をチェック!!