アドセンス狩りに遭い「意義申し立て」を却下されたので、転職できないか聞いてみた

いやぁ、いつか来るとは思ってましたが
ついに僕にも訪れましたね

アドセンス狩り。

いわゆるアドセンス停止させられてしまう事です。
今回はその一連の流れから、転職活動までに発展した経緯をお話しましょう。

アドセンス狩りとは

すごく簡単に説明しますと、故意に広告をクリックされたり、別のサイトに貼られて連打されたりするなどされ

「広告主本人が故意に収益を発生させている」と思わせてアカウント停止に追いやる嫌がらせ行為です。

まぁ嫌がらせと言いますか、完全に業務妨害なので犯罪ですね。

ある程度の対策はできるのですが、最後はやはり自分で不審なデータを日々監視し、何かあったときにすぐ対応できるようにしておかなくてはなりません。

といっても限界がありますが・・・・

一番怖いパターン

身内やファンが応援するために良かれと思ってクリックしているパターンです。

クリックも1日数回程度なので発見しづらく、にもかかわらずサイト訪問時のクリック率が100%なのでものすごく怪しまれます。

あまり詳しくない人でも「広告をクリックすれば収入になる」という知識を知っている人が増えた昨今、「故意のクリックはやめてください」とサイト管理者が発信するのも手かもしれませんね。

アクセスが少ないサイトほどこれは目立つと思います。

アドセンス停止、異議申し立てから却下まで

それではサイト管理者を恐怖に陥れる死のメールをご覧ください。

いつも AdSense をご利用いただきありがとうございます。

Google では、広告掲載プログラムをご利用いただくことで、サイト運営者、広告主、ユーザーの皆様に利益をもたらすオンライン エコシステムの構築に努めております。そのため、ユーザーや広告主の皆様に対する行為がエコシステムに悪影響を及ぼす恐れのあるアカウントに対して措置を講じることがあります。このたび、お客様の AdSense アカウントで無効な操作が検出されたため、アカウントを停止させていただきました。

具体的な違反の内容につきましては、お客様に提供できる情報が限られており、アカウントで検出された無効な操作に関して詳しい情報をご希望かと存じますが、Google 独自の検出システムを保護するため、これ以上詳しい状況をお知らせすることはできません。

サイト運営者様によっては、大幅な変更を加えて違反内容を修正したり、積極的に AdSense プログラム ポリシーの遵守に協力していただける方もいらっしゃいます。そのため、Google ではサイト運営者様と協力して問題を解決できるよう、お申し立ての手続きもご用意しています。お申し立てに際には必ず、トラフィックの分析詳細など無効な操作の原因と考えられる理由についてご記入ください。こちらのフォームからお申し立てを送信していただきましたら、その内容に応じて対応させていただきます。また、アカウントが閉鎖される一般的な理由をご確認いただいたうえでフォームを送信してください。

ご理解のほどよろしくお願いいたします。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

Google AdSense チーム

この死の宣告メールが夜中の1時過ぎに送られてきました。
上司の飲んで気持ちよく帰宅している最中に突然。

一瞬で酔いが冷めるとはこのことですね。

異議申し立て

このようになってしまった場合でもしっかりと「異議申し立て」という場が設けられています。ですが、基本的に1度のメールしか確認してもらえず、その1回でしっかりと自分の身の潔白を証明しなくてはなりません。

これについてはネットで検索するといろいろな対策をとるサイトが出てくるのですが・・・・私はここである恐ろしい事実に気がついてしまいました。

身の潔白が証明できない

本来、googleのアナリティクスなどと連携させていれば、万が一不審なクリックがあった場合そのクリック者のIPを特定することができるのですが

やってませんでした。

かくせん君
・・・・・・・。

WordPressのプラグインでのアクセス管理と、アドセンスの管理ページで十分だと思ってましたが、まさか停止された瞬間アドセンスのページにアクセスできなくなるとは思いませんでした。

これによって、不正クリックをした人物を特定することは不可能。私のできることと言えばアクセス解析とにらめっこして不審者をカンで当てる程度です。

結果的に、海外からの不審なPV上昇をgoogleに提示するしかできませんでした。

申し立て却下メール

ということで、案の定といいますか。
却下されました。

いつも AdSense をご利用いただきありがとうございます。

このたびは、申し立てのお問い合わせを承りました。AdSense プログラムのご利用継続をご希望ということで、お客様のアカウントの詳細と併せてご提供いただいた情報を確認した結果、誠に残念ながら、お客様の AdSense アカウントを再開できないとの判断に至りました。

お客様のアカウントでは、今後のお支払いが停止され、これまでのお支払いの再発行もできなくなります。未払いの残高と Google に分配された収益はすべて、影響を受けた広告主様に払い戻されることになります。また、お客様は利用規約に違反したため、今後 AdSense プログラムにご参加いただくことはできず、新しいアカウントを作成することもできませんのでご了承ください。

お客様のアカウントで検出された無効な操作に関して詳しい情報をご希望かと存じますが、Google 独自の検出システムを保護するため、これ以上詳しい状況をお知らせすることはできません。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

Google AdSense チーム

これにより、今後私はgoogleアドセンスに登録することができず、ブログと同時にYouTubeでの活動も終了になりました。(ほとんどやってなかったけど)

なんと言いますか、なんとも言えない気持ちですね。
海外のGoogleから手紙が自宅に届いて喜んでいたあの頃が懐かしい・・・・。

すべてを否定された、そんな気分になりました。

自分が悪い

でもこれはわかっていたこと。
もっとしっかり調べ、日頃から対策を取っていればこのようにななりませんでした。

Googleは厳しいのは誰もが知っていることなのに、それをせずにボケーっとしていた自分が悪いのです。

ここは潔く、諦めましょう。

ついでだから、転職活動してみた

いや、俺は諦めない。

こんなことで諦めてたまるか!!! ということで、さらなる高みを目指して「報酬をもらう側」から「報酬を配る側」に転じようと、異議申し立てフォームから以下のメールを送信しました。

どうでしょうか?

「アドセンスを没収されて、googleに転職した男」
このキャッチフレーズヤバくないですか?

モザイク部分は私の個人情報になります。

ええ、ガチですよ。

超大手グローバル企業Googleだからこそ、こんな変態が必要だと思いませんか?

頭は悪いですが、頭は悪いです。
いや、バカだからこそできることがある!!!!

私はそう信じています。

2017年10月24日

追記 2017年10月24日

まるでなにも読んでないかのような速度で返信がきました。

AdSense をご利用のお客様

お申し立ての際に追加の情報を提供していただき、また AdSense プログラムのご利用をご要望いただきありがとうございます。しかしながら、アカウントのデータを再度確認し、ご意見を検討しました結果、お客様の AdSense アカウントの再開は不可能であることが確認されました。

Google の無効なクリックや再審査に関する詳細は http://www.google.com/adsense/support/bin/answer.py?answer=57153 でご覧いただけます。なお、アカウントが無効となったサイト運営者様は、今後 AdSense プログラムにご参加いただくことはできませんのでご了承ください。

何卒ご理解いただけますようお願いいたします。
Google AdSense チーム

機械から。

Amazon売れ筋ゲーム

Switch入荷状況をチェック!!