【ポケ森】どうぶつ達の質問に隠された真実 オヤジ号泣

孤独。絶望。

そんな言葉を背中に背負い、スマホの中に広がる森にリアルを求め、ダイブしてゆく。

しかし、たった少しの
安らぎすらも許されない。

ゲームの世界ですら突きつけられた現実。

絶望

初めて起動すると、そこに彼はいた。
そして彼は諭すように、語りかけてきた。

・・・・・・・・

 

 

 

遠くに・・・いきたい・・・・・
なんなんだこの選択枠は・・・・・
なぜわかったんだ・・・・

毎朝毎朝「逆方面の電車に乗り、遠くの海で何も考えずにコーヒーを飲みたい」そんなことを考える日々。
しかしそれは決してかなうことのない夢。叶えようものなら確実に迫ってくるであろう圧倒的な「死」

ゲームの中ですら突きつけられる現実に、
私はスマホを破壊しそうになった。

 

 

 

犬:
おいゴミ。お前の居場所ココにはないよ。
ちゃんと現実と向き合えよ。

 

そう、諭されている気がした

 

 

 

つまり

つらい現実を突きつけられたせいか
放心状態でベンチに腰掛けてましたよ。

 

 

 

3時間

どうぶつの森 ポケットキャンプ
Follow
GAMER510 [ゲーマーゴトウ]

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました