【DQX】まえならえRTA 世界記録

おはようございます。

DQXTVで紹介されたプレゼントのじゅもんでもらえるしぐさ

「まえならえ・後」

DQXTV見て無いですがもらいました。

早速使ってみたのですが、この仕草を見た時脳内にビビっときましてね

「意味不明なところで一人でまえならえしてたら、何分で後ろに並んでくれるだろう」って。

早速実行に写しました

まえならえRTA

まえならえRTAとは

しぐさ「まえならえ後」を使った状態で放置し、まったく知ら無い人がうしろに並んでまえならえしてくれるまでを競うリアルタイムアタックである。

ルール

チムメン、フレンドはノーカウント

実施場所

今回は初めてなので、比較的人通りのある「メギストリス サーバー1」のこの場所試すことにした。

ここならいいタイムが出そうだ。

RTA開始

21時30分

遠くにチラホラ人が見える。割とこちらに来る人も多いので可能性はたかそうだ。

21時40分

早速チャンス到来。向こうから勇者がこっちめがけて走ってきた。

笑顔で通過

21時50分

名前の読め無い勇者が接近中。経験上可能性が高い。

通過

22時00分

わしのやっていることを察知してチムメンの嫌がらせが始まる

22時30分

こんなはずじゃなかった。変な汗がでる。

俺のやってきた実験は失敗だったのか。この1時間はいったいなんなのか。

そんな言い表すことのでき無い絶望感に襲われ始める。

23時00分

マグロを背負った化け物の幻覚が見え始めた。

もう自分が息をしているのかすらわから無いくらい、全身の感覚は奪われている。

この先俺はどうすればいいのか、どうするのが正解なのか。

そんな恐怖と戦いながらモニターを破壊しそうになる。

そして、23時30分

その時は突然訪れた

ん?

その子はそっと、私のことを慰めるようにそこに立っていた。

「もう何も心配無い、終わっていいんだよ」そう語りかけてくるような瞳で

その子は、長時間の戦いでコントローラーすら起動せず、ダイアログに顔面を潰された私にやさしく「いいね」をした。

「さぁ、帰ろう」そう語りかけてくるように。

そして、

何もしないで帰りやがった。

検証結果

時間の無駄

つまり

俺はいったい・・・・なにをしてたんだ・・・・・俺は・・・

ついにやりました。 今巷で賑わいを見せているDQ10 徒歩RTA。 世界記録を塗り替えることができました。 徒歩RTA...